踊場 踊る猫の伝説

横浜ブルーライン踊場駅は、僕の最寄駅です。踊場という印象的な名称は、猫の伝説に由来するそうです。昔、戸塚宿に水本屋という醤油屋があり、商売柄、たくさんの手ぬぐいを毎日、干していました。しかし、毎夜、その手ぬぐいが一本ずつなくなるので、不思議に思った主人は、手ぬぐいに紐をつけ、その端を自分の手に結んで寝入りました。すると、夜中に紐が引っ張られ、目を覚ました主人が見に行くと、飼い猫のトラが手ぬぐいを咥えて逃げていきました。ある夜、主人は、宴会の帰りに村外れの丘からの声を耳にしました。近づいてみると、何匹もの猫が集まり、踊っているではありませんか。その中の何匹かは手ぬぐいをしていました。どうやら、飼い猫のトラが、踊りの師匠だったようです。この噂は広まり、見物人が増えて行きましたが、それに気づいた猫たちは踊りを止めてしまったそうです。トラの飼い主の主人は、村の人たちと話し合い、猫の踊っていた場所に、供養碑を建てたということです。

画像
踊場の供養碑です。猫の霊を慰めるためと住民の安泰を祈願して、近隣住民の総意によって、1737年に建立されました。

画像
ブルーライン踊場駅の4番出入口です。猫の意匠がされています。踊場駅のいろいろな場所で、猫のオブジェに出会えます。

画像
踊場駅の階段にある天窓にも、三匹の猫が踊っています。

画像
通路や階段には猫の足跡があります。

画像
壁面には猫のシルエットが描かれています。

画像
こちらも壁面に描かれた猫のシルエットです。踊場駅に何匹の猫がいるか、数えるのも楽しいかもしれません。

画像
猫の目をモチーフにした壁画です。

画像
踊場駅の出口一番と三番は、猫の耳をイメージした外観になっています。

画像
駅から徒歩五分くらいのところにある踊場公園です。公園内は広い野球場があります。

画像
駅から徒歩20分くらいのところにあるオレンジファームです。季節の果物の販売やもぎ取りができます。今の季節はみかんとキウイで、この前、みかんを一袋買いましたら、倍くらいのおまけのみかんをもらいました。大きさはバラバラですが、とても甘くて美味しかったです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック