テーマ:西区

藤棚商店街

藤棚商店街というのは、西前銀座商店街、藤棚一番街、藤棚商店会、サンモール西横浜、久保町ニコニコ商店会の5つの商店街協同組合で構成されています。藤棚の名は、今の藤棚商店街の入口に鈴木家という茶店があり、そこに見事な藤の棚があったことに由来するそうです。現在でも、藤棚一番街の入口には藤棚があります。そんな昭和の雰囲気を十分に残している藤棚商…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新天地カフェー街跡散策 南浅間町

相模鉄道西横浜駅からほど近い南浅間町に、新天地カフェー街が存在していました。新天地カフェー街の前身は、新天地遊郭で、第二次世界大戦時の1945年5月の横浜大空襲の際に、ほとんどが焼失しました。戦後の1945年かろうじて焼失を免れた店舗で営業が再開されたそうです。その後、占領軍慰安施設(RAA)時代を経て、特殊飲食店街(カフェー街)へと移…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福富町さんぽ

皐月賞の馬券を横浜WINSで買った帰り、ディープな歓楽街として有名な福富町まで足を伸ばしてみました。もともとは、普通の商工地区でしたが、太平洋戦争後、GHQに接収され、米軍兵士が暮らす兵舎がずらりと建てられました。1952年(昭和27年)の接収解除後は、飲食店の並ぶふつうの繁華街として賑わいましたが、1966年(昭和41年)にトルコ風呂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

掃部山公園

江戸時代まで、掃部山公園周辺は不動山と呼ばれる海に面した高台でした。明治初期、日本初の鉄道開通に携わった外国人技師の官舎が建てられ、山の地下水が鉄道用水として使われたことなどから鉄道山と呼ばれるようになりました。1884年(明治17年)旧彦根藩士が一帯を買い上げ庭園にして、井伊家に寄贈したことから、井伊掃部頭直弼にちなみ、掃部山と呼ばれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石崎川プロムナード

何となく地図をながめていたら、横浜駅の近くに石崎川プロムナードという遊歩道らしきものがみつかり、雰囲気が良さそうに思ったので、いってみました。京急線で横浜駅まで行き、みなみ東口から出て、帷子川に架かる万里橋に向かいます。 万里橋です。立派な親柱です。 万里橋から、帷子川の上流をみたものです。手前に京急、奥に京浜東北線の橋梁が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水道みち トロッコの歴史を歩く 野毛山配水池~西谷浄水場

開港後の横浜は埋立地が多く、良い水が得らないため、長い間、飲み水や伝染病に苦しみ、火事にも悩まされていました。1883年(明治16年)神奈川県知事の依頼を受けたイギリス人技師H.S.パーマー氏により、調査・計画が行われ、同氏の監督のもと、イギリスから取り寄せた機材により、1885年(明治18年)工事に着工、1887年(明治20年)道志川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more