テーマ:公園

杉田臨海緑地

JR新杉田駅から歩いて10分ほどのところにある杉田臨海緑地に行ってきました。ここは釣り人の多い公園なのですが、僕はクレーン船を見たくて行くことにしたのです。根岸線新杉田駅の東口を出て、国道357号沿いを南に歩いていくと、聖天川に出ます。この川沿いに、杉田臨海緑道という遊歩道があります。 聖天川を渡ると杉田臨海緑道があります。この川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舞岡公園

舞岡公園は、谷戸の地形を活かした公園で、田園の原風景が残されています。谷戸というのは、丘陵地が侵食され谷状になった地形です。舞岡公園に行くには戸塚駅からバスに乗っていくのが早いのですが、今回は市営地下鉄ブルーラインの舞岡駅で下車し、小川アメニティ散策路をのんびり歩いていきました。 市営地下鉄ブルーラインの舞岡駅の出口です。通常、地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハンマーヘッドクレーン 新港埠頭

新港埠頭9号岸壁には、横浜港第1号のクレーンが、鎮座しています。この50トンジャイアントカンチレバークレーン、通称ハンマーヘッドクレーンは、イギリス製で1914年(大正3年)、横浜港の貿易の増大にともない、イギリスから導入され、貨物船の荷降ろしに活躍しましたが、70年代からのコンテナ化、そして港湾機能の中心が大黒ふ頭、本牧ふ頭に移り、現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本丸メモリアルパーク

ジャパンカップの馬券を買いに、WINS横浜にいったついでに、日本丸メモリアルパークをぶらぶらしてきました。 JR桜木町駅で下車し、汽車道に向かうと日本丸の雄姿が見えて来ました。まず、写真右手の訓練センターから繋がる上部のプロムナードを歩いてみました。 高い位置から日本丸を見ることが出来ます。 訓練センター入口付近にある…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

宮谷西公園

ここのところ、たて続けに高熱が出たりして、体調のすぐれないため、休日は家でごろごろという状態でした。身の丈を逸脱して家を買い、それに伴ってリフォーム、引っ越しと続き、さらに会社の異動も重なり、その疲れが季節の変わり目に出たのかもしれません。引っ越したことにより、会社が遠くなり、睡眠時間の減ったことも影響していたのでしょう。多少、体も回復…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高島水際線公園

みなとみらい地区の北端、帷子川下流の港湾部沿岸にある高島水際線公園に行ってきました。実は以前、ポート地区をさんぽした際、その対岸に公園のあることを知り、いつか訪れたいとみたいと思っていたのです。 みなとみらい大橋から、高島水際線公園に入りました。右側の線路は、JRの貨物支線の高島線の線路です。敷地の中を、貨物線が通る珍しい公園です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本牧十二天さんぽ

今年の2月、一時は売却のウワサまであった本牧十二天の丘が、本牧十二天緑地として整備されました。もともと十二天の丘は海岸線で、十二天社(現在の本牧神社)の鳥居の足元まで波が打ち寄せていたといいます。源頼朝が鎌倉幕府を開くにあたり、鬼門守護を祈願して朱塗厨子を奉納したと伝記には記されているところから、十二天社の創建は平安時代だったと思われて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカ山公園

元町をぶらぶらした後、アメリカ山公園にいきました。何故、アメリカ山と呼ばれるようになったかというと、開国後、ここはアメリカ公使館の建設予定地になっていたからです。1867年(慶応3年)山手地区は、外国人居留地として開放され、山手97番地は、アメリカ公使館の用地として予定されていました。しかし、当時のアメリカ公使は、この場所に住むことなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

掃部山公園

江戸時代まで、掃部山公園周辺は不動山と呼ばれる海に面した高台でした。明治初期、日本初の鉄道開通に携わった外国人技師の官舎が建てられ、山の地下水が鉄道用水として使われたことなどから鉄道山と呼ばれるようになりました。1884年(明治17年)旧彦根藩士が一帯を買い上げ庭園にして、井伊家に寄贈したことから、井伊掃部頭直弼にちなみ、掃部山と呼ばれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新春の山下公園

飛鳥Ⅱを見た後、山下公園まで足を伸ばしてみました。山下公園は、横浜で最も有名な公園です。関東大震災の復興事業として、震災で発生した瓦礫で海を埋め立てて造成し、1930年(昭和5年)に開園しました。臨海公園で、大さん橋から山下埠頭までの間の約1kmが海に面しています。海沿いにはベンチが並び、この公園独特の景色を作っています。山下公園は、横…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陣ヶ下渓谷公園~横浜唯一の渓谷~

保土ヶ谷区にある陣ヶ下渓谷は横浜市内で唯一の渓谷です。陣ヶ下という名称は、鎌倉時代、源頼朝の家臣である和田義盛がこの近辺に狩のための陣を張ったことに由来しているそうです。横浜唯一の渓谷とはどんなものなのか見たくなり、出かけてみました。 相鉄線上星川駅で下車し、線路沿いを西谷方面に向かって歩いて行くと、T時路になります。踏切を渡らず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山手駅から本牧山頂公園さんぽ

JR京浜東北・根岸線の山手駅は、同線内で一日の利用客数が最小だそうです。山手という駅名ですが、洋館や外人墓地、港の見える丘公園などのある外国人居留地であった‘山手町’の最寄駅ではありません。そんな山手駅が以前から、何となく気になっていました。とてもJR京浜東北・根岸線の思えない牧歌的なホームに魅力を感じていたのです。そこで、山手駅周辺を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

象の鼻パーク

象の鼻パークは赤レンガ倉庫と大さん橋を結ぶ形に位置しています。1859年(安政6年)幕府は、横浜を開港しました。開港場の中央部に波止場を建設しました。しかし、この波止場は2本の突堤が岸から海に真っ直ぐ突き出た簡素なものでしたので、外国の大型船は直接横付けできず、沖に停泊している船舶から小舟に荷物を移し替えて運んでいましたが、強風による高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤レンガパーク

JR桜木町駅から、汽車道を辿っていくと赤レンガパークに着きます。赤レンガ倉庫は、国営保税倉庫として建設され、2号倉庫が1911年(明治44年)、1号倉庫が1913年(大正2年)に完成しました。時代の流れとともに、貨物のコンテナ化が進み、1989年(平成元年)には、倉庫としての役割も終え、その後しばらく放置されていました。しかし、みなとみ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

三ッ池公園、桜満開!

鶴見区にある三ッ池公園は、横浜で随一の桜の名所で、日本の桜の名所100選にも選ばれています。公園内にはその名の通り3つの池があり、江戸時代にはかんがい用水池として利用されていたそうです。自宅からも近く、歩いて行ける距離なので、不安定な天気でしたがいってきました。 昼過ぎ、外に出ると天気予報で聞いた通り上空に寒気が入り込んでいるらしく、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

根岸森林公園~根岸競馬場の遺構を訪ねて~

根岸森林公園は、根岸競馬場の跡地を整備し、公園にしたものです。1860年代、洋式競馬は横浜で始まりました。1866年(慶応2年)根岸競馬場が完成し、ここを拠点として翌年から1942年(昭和17年)戦争により幕を下ろすまで76年間競馬が行われました。現在も1930年(昭和5年)に建築された一等馬見所の遺構が残っています。設計したのは、アメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大倉山公園梅林

梅の花が見頃ということで、横浜で屈指の梅の名所、大倉山公園にいってきました。 昨日は気温が18度まで上がりましたが、今日は雨が降ったり止んだり、気温も10度に届かない寒さでした。そのおかげといってはなんですが、人出は少なく、のんびりと花見をすることができました。 東急東横線大倉山駅の改札を出て右に向かい、線路沿いの急な坂道を上って道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤レンガ倉庫から臨港パーク

赤レンガ倉庫から臨港パークまで歩いてみました。 汽車道の終点、旧横浜港駅です。駅の後ろにある海上保安庁の施設沿いの道に入ります。 すると目の前にデーンと帆船の帆をイメージしたヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルが現れました。すごい迫力です。 この道を歩いて行くと、公園に出ます。以前は新港パークと呼ばれていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more