テーマ:さんぽ

東戸塚オーロラシティ 空中さんぽ

東戸塚は「民間活力によって生まれた街」と呼ばれています。「陸の孤島」と呼ばれていた東戸塚は、一人の実業家福原政二郎氏によって礎が作られました。昭和30年頃、開発をするため福原政次郎氏は、東戸塚にやってきました。まずは東戸塚に駅を作ることを第一の目的としたそうです。現在も東戸塚駅を少し外れると、森林や畑が残っていますが、開発前は駅周辺もほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮谷西公園

ここのところ、たて続けに高熱が出たりして、体調のすぐれないため、休日は家でごろごろという状態でした。身の丈を逸脱して家を買い、それに伴ってリフォーム、引っ越しと続き、さらに会社の異動も重なり、その疲れが季節の変わり目に出たのかもしれません。引っ越したことにより、会社が遠くなり、睡眠時間の減ったことも影響していたのでしょう。多少、体も回復…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜橋通商店街

曙町でカフェー建築の遺構を見た後、横浜の三大商店街のひとつ、横浜橋通商店街をぶらぶらしてきました。横浜橋通商店街は永真遊郭と接するような形で存在します。遊郭の盛んな頃、遊郭の客目当てに屋台が並んだのが、はじまりといわれています。1928年(昭和3年)に横浜橋通相互会が設立され、現在の商店街へと繋がっていきました。真金町で生まれ、今も暮ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本牧さんぽ

本牧は、第二次世界大戦後の1945年(昭和20年)から1982年(昭和57年)まで、その大半をアメリカ軍によって接収されていました。小港町から本牧和田まで、本牧通りを挟んだ両側にはフェンスで囲まれ、910世帯分の駐留軍向け住宅が立ち並びました。通称本牧ベースで、本牧通りの海側はエリアワン、山側はエリアツーと呼ばれていました。この在日米軍…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山手駅から本牧山頂公園さんぽ

JR京浜東北・根岸線の山手駅は、同線内で一日の利用客数が最小だそうです。山手という駅名ですが、洋館や外人墓地、港の見える丘公園などのある外国人居留地であった‘山手町’の最寄駅ではありません。そんな山手駅が以前から、何となく気になっていました。とてもJR京浜東北・根岸線の思えない牧歌的なホームに魅力を感じていたのです。そこで、山手駅周辺を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

横浜のキャベツ畑 菅田・羽沢農業地域さんぽ

横浜市は全国でキャベツの生産量が10番目であると知り、キャベツ畑を訪ねることにしました。横浜駅から2Kmしか離れていない所でも、キャベツ畑があるらしいのですが、場所が特定できなかったため、今回はもっとも知られている菅田・羽沢地区にいくにしました。ここは地図で確認すると、横浜駅から2km以上はありそうでしたが、大都会からキャベツ畑へと変わ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

コットンハーバー地区さんぽ

コットンハーバー地区とは、山内埠頭の再開発地区の名称で、ウォーターフロントであることと、かつて内陸側に綿花町という街があり、埠頭には綿花倉庫もあったことからコットンハーバーということになったそうです。山内埠頭にあった浅野ドックが移転することになり、その跡地に高層マンションや商業施設が建設されていきました。コットンハーバー地区の最寄駅はJ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鶴見沖縄南米タウンさんぽ

鶴見沖縄・南米タウンに行ってきました。といっても鶴見区に沖縄・南米タウンなるものが、あるわけではありません。鶴見駅の東側、鶴見川を超えたところにある潮田町、仲通には沖縄出身者が多く住んでいて沖縄料理店や沖縄物産店、または南米料理店や物産店が点在しているため、そんな風に呼ばれるようになったのです。 沖縄県人のこの地域の流入は、1900年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大さん橋屋上フロアさんぽ

大さん橋の前身は、1894年(明治27年)に完成した鉄桟橋で、1970年頃までメリケン波止場と呼ばれていました。1989年(平成元年)老朽化による改修工事が始まり、1995年(平成7年)新ターミナルの国際デザインコンペで最優秀作品が決定 し、2000年(平成12年)新ターミナルの新築工事着工、2002年(平成14年)現在の大さん橋が完成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more