テーマ:風俗

日ノ出町さんぽ

馬券を買いに、WINS横浜にいくついでに、京急日ノ出町駅周辺をぶらぶらとさんぽしました。土曜日ということもあり、京急日ノ出町駅は、競馬に行く人の波が幾重にもできていました。ちなみに、この辺りは吉田勘兵衛によって埋め立てられて出来た吉田新田とよばれる地域で、明治政府が町名をつけるとき、黄金町、真金町、福富町、不老町、長者町など縁起のいいも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新天地カフェー街跡散策 南浅間町

相模鉄道西横浜駅からほど近い南浅間町に、新天地カフェー街が存在していました。新天地カフェー街の前身は、新天地遊郭で、第二次世界大戦時の1945年5月の横浜大空襲の際に、ほとんどが焼失しました。戦後の1945年かろうじて焼失を免れた店舗で営業が再開されたそうです。その後、占領軍慰安施設(RAA)時代を経て、特殊飲食店街(カフェー街)へと移…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鶴見入船遊郭跡を歩く

鶴見に遊郭跡があるというので、三業地から足を伸ばしていってきました。行き方は、京急鶴見駅横のベルロード商店街を進み、本町通りで左折します。国道15号線を越え、潮見橋を渡ると、アーケードの商店街が続きます。ここをずっと歩き、アーケード街の終わりの‘ほんちょう’と大きく書かれた看板のあるところを右折して、少し歩くと不動産屋さんがあります。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鶴見三業地を歩く

三業地とは、料理屋、待合茶屋、置屋の集まった地域のことです。鶴見は東海道にあったので、江戸時代から旅籠があり、1872年(明治5年)に鉄道の駅ができたことにより、町は大きくなっていきます。その後、京浜工業地帯の急激な発展により、多くの人が集まるようになり、三業地が形成されていったのです。現在、かつての三業地はどのように変貌したのか、歩い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

永真遊郭跡を歩く 真金町・永楽町

さんぽは、ただまわりの景色を楽しみながら歩くだけでも、それなりに楽しいものですが、そこに何か目的が加わると、気分も変り、さらに楽しさは増すように思われます。さんぽの動機つけする目的は、自然を愛でたり、歴史に思いをはせたり、または美味しいものを食べるためだったりと、何でもいいわけですが、今回は真金町・永楽町にかつて遊郭のあったことを知り、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黄金町を歩く

黄金町というと、少し前までは全国でも有数の青線地帯で、‘ちょんの間’と呼ばれる売春宿が京急の高架沿いに軒を連ねていました。‘ちょんの間’というのは間口一間というから2メートル足らずの店舗で、「ちょっとの間に行為する」ところからきているようです。黄金町駅から日ノ出町方面に京急の高架沿いを歩けば、店頭に立つ外国人女性たちから声をかけられると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more