テーマ:鉄道

鶴見線沿線さんぽ 大川支線

首都圏で、最大の秘境駅といったら、鶴見線大川支線の大川駅になるかもしれません。大川支線は、大川駅周辺の工場に勤務する人たちの通勤電車のため、平日でも7時、8時台にそれぞれ2本、夕方16時から20時は1時間に1本で4本、9時~15時にかけては運行はありません。土曜、休日にはさらに運行本数が減り、一日で3本となります。したがって日中、大川駅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鶴見線沿線さんぽ 浅野~新芝浦

久しぶりに、鶴見線に乗って来ました。初めの予定は、新芝浦まで行き、そこからぶらぶらと線路沿いを浅野まで歩き、辺りの風景を楽しもうと思ったのですが、鶴見線が都会を走るローカル線ということをすっかり忘れていて、時刻表を確認しないで行ったものですから、海芝浦行きまで2時間待ちという状況になってしまいました。もちろん、そんなに待てるわけはなく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鶴見線沿線さんぽ 安善町

鶴見線安善駅周辺にさんぽにでかけました。鶴見線は都会の中でローカル線気分を味わえる路線で、何ともいえない安らぎを覚えます。忙しない日々の中で、時間の流れが止まっているような空間だからでしょうか?鶴見線の鶴見駅のホームは、同じ鶴見駅の京浜東北線のホームとは、全く雰囲気は異なり、乗客ものんびりとベンチに座って電車の来るのを待っていました。平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR鶴見線海芝浦駅

JR鶴見線海芝浦支線の終着駅海芝浦駅へ行きました。 JR鶴見線は終点の鶴見駅以外のすべての駅が無人駅という都会でローカル線気分の味わえる路線として、秘かな人気があります。通常、ローカル線は農村地帯を走るもので、車窓からは田園風景がひろがり、利用者はほとんど地域の生活者です。しかし、鶴見線は工業地帯を走り、車窓から見えるのは工場と倉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more