宇田川沿いの桜並木

家で桜花賞をみてから、宇田川沿いの桜並木をそぞろ歩きしました。本当は馬券を取って気分よく歩きたかったのですが、そうもいかず、でも、まあ、グランアレグリアにあれだけのパフォーマンスを見せられ、返ってスッキリした気持ちで桜を楽しむことができました。

画像
中村三叉路近くにある桜です。まさに今が満開といった感じです。ここから宇田川を下流に下っていきます。

画像
まさかりが淵市民の森の入口付近にある桜で、下のベンチで親子が花見を楽しんでいました。プライベートビーチならぬ、プラベート花見といった風情です。

画像
その桜の花びらのアップです。青空に淡いピンクの花びらが映えています。

画像
まさかりが淵市民の森に通じる橋と桜の風景です。里山の桜といった頃合いで、非常に美しい風景でした。ここを過ぎると宇田川は住宅地の中を流れる川といった感じになり、しばらく川沿いの舗装路を歩きます。

画像
しばらく歩くと、下流に向かって右側に桜並木が見えてきますが、これはまだ序章にすぎません。

画像
宇田川沿いの桜並木のハイライトは、ふれあい橋から宇田川橋までの間です。ふれあい橋を過ぎると、両岸に桜並木の光景が広がります。写真右側は俣野小学校で、入学式に満開の桜の取り合わせとなり、先週の寒さが結果的によかったのかもしれません。

画像
これだけの桜ですが、意外と人出は少なく、桜見物の穴場かもしれません。所々にベンチもあるので、ゆっくりと楽しめそうです。

画像
宇田川橋から撮った桜並木です。

画像
帰りは反対側をいくことにしました。こちらの方が、ベンチが多く桜も立派です。

画像
ピンクのトンネルといった風景がずっと続きます。

画像
桜花賞で負けた悔しさを癒してくれた桜でした。




"宇田川沿いの桜並木" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント