倉敷 美観地区

旅行二日目は、倉敷です。神戸を出発し、倉敷に着いたのは11時過ぎでした。駅近くの観光案内所で、ホテルのリストをもらい、駅近くのホテルを予約し、荷物を預けた後、江戸幕府の天領に定められた際に倉敷代官所が設けられ、物資の集散地としての歴史を持ち、白壁・なまこ壁の屋敷や蔵の建ち並ぶ、倉敷美観地区を歩きました。

画像
倉敷駅から続く倉敷中央通りの美観地区入口です。

画像
美観地区入口には、お土産物屋さんや飲食店が並んでいます。日本のデニムの聖地、児島が近く、倉敷紡績もあったことから、デニム生地や帆布を使った商品が豊富にあります。妻も倉敷紡績の工場跡地を再開発した倉敷アイビースクエアの中にあるショップでデニム生地のバッグを購入しました。

画像
倉敷川の両岸には、白壁の屋敷や蔵が立ち並び、美しい景観を創っています。

画像
倉敷川の今橋と高砂橋の間は、船頭さんのガイド付きで川船で遊覧できます。川面から見上げる街並みもまたいいかもしれません。

画像
川沿いから一歩はいった路地にも、いろいろなお店があり、楽しく街歩きができます。

画像
柳の木陰で風に吹かれて、一休みといったところでしょうか?

画像
対岸の景色です。

画像
中橋からの風景です。写真右手の建物は、観光案内所で休憩できるスペースもあります。

画像
美観地区にあるかわいいお店です。おもちゃを修理してくれるお店のようです。

画像
倉敷川から一本入った通りで、旅館などもあります。こちらも白壁の屋敷や蔵が立ち並び、趣きのある風景が楽しめます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック