アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「歓楽街」のブログ記事

みんなの「歓楽街」ブログ

タイトル 日 時
曙町 親不孝通りを歩く
曙町 親不孝通りを歩く 関東で最大といわれるファッションヘルス街の曙町を歩いてみました。ファッションヘルスにはあまり興味はないのですが、この地域は戦後特殊飲食店の集まるカフェー街として栄え、その遺構がわずかばかり遺されてるというので、早いうちに写真を撮っておこうと思ったのです。ファッションヘルス店が増えたのは、1993年(平成3年)頃からで、何でも近隣にあった病院が閉鎖されたため、風営法の規制から外れた地域となり、風俗街として急速に発展していきました。ここで放蕩の限りを尽くしたあげく、親の死に目に会えなかった人のいたこ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/23 18:13
川崎南町を歩く 川崎遊郭の残り香を求めて
川崎南町を歩く 川崎遊郭の残り香を求めて 現在、川崎には2つの歓楽街があります。ひとつは全国的にも有名な堀之内、そして、もうひとつが南町です。実は、明治以来、遊郭に指定されていたのは、南町の方でした。1902年(明治35年)、東海道川崎宿の街道筋に散在していた貸し座敷が南町に集められ、歓楽街へと発展していきました。戦後は、カフェー街として復興しました。「赤線地帯と歩く」の、南町の魅力的な数々のカフェー建築や路地の写真をみて、現在はどのくらいの残っていのだろうかと思い、でかけてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/14 00:20
鶴見三業地を歩く
鶴見三業地を歩く 三業地とは、料理屋、待合茶屋、置屋の集まった地域のことです。鶴見は東海道にあったので、江戸時代から旅籠があり、1872年(明治5年)に鉄道の駅ができたことにより、町は大きくなっていきます。その後、京浜工業地帯の急激な発展により、多くの人が集まるようになり、三業地が形成されていったのです。現在、かつての三業地はどのように変貌したのか、歩いてきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/16 17:27

トップへ | みんなの「歓楽街」ブログ

よこはまさんぽ 歓楽街のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる