アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「保土ヶ谷区」のブログ記事

みんなの「保土ヶ谷区」ブログ

タイトル 日 時
保土ヶ谷駅東口商店会
保土ヶ谷駅東口商店会 東海道線に乗っていると、横浜駅を過ぎ、保土ヶ谷、東戸塚、戸塚と車窓から流れる風景を見ていると、とても横浜とは思えないような景色に出会います。その中でも、保土ヶ谷駅東口に戦後間もなく建てられたようなバラックの連なる景観に興を覚え、さんぽに出かけてました。この辺りは、保土ヶ谷駅東口商店会となっていて、1954年(昭和29年)に発足したそうです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/25 00:47
洪福寺松原商店街
洪福寺松原商店街 洪福寺松原商店街は相鉄線天王町駅から、徒歩5分ほどのところにあります。商店街とは文字通り商店の集まった通りですが、最近ではシャッター通りとなっているところも少なくありません。しかし、洪福寺松原商店街は、横浜のアメ横といわれるほど活気があり、土曜日の午前中に訪れたのですが、すでに人で溢れていました。 松原付近は戦後米軍の車両置き場として接収されていましたが、1949年(昭和24年)に解除となり、住宅もまばらなその一角に荻原醤油店が店を開きました。荻原醤油店は値段も安く、景品を付けるなど大変評判に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/07 14:33
水道みち トロッコの歴史を歩く 野毛山配水池〜西谷浄水場
水道みち トロッコの歴史を歩く 野毛山配水池〜西谷浄水場 開港後の横浜は埋立地が多く、良い水が得らないため、長い間、飲み水や伝染病に苦しみ、火事にも悩まされていました。1883年(明治16年)神奈川県知事の依頼を受けたイギリス人技師H.S.パーマー氏により、調査・計画が行われ、同氏の監督のもと、イギリスから取り寄せた機材により、1885年(明治18年)工事に着工、1887年(明治20年)道志川から野毛山配水池までの日本最初の近代水道が完成しました。工事のさい、機材や水道管の材料を運ぶためにトロッコが用いられました。現在ではトロッコの走ったレールは、全行... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/16 18:27
陣ヶ下渓谷公園〜横浜唯一の渓谷〜
陣ヶ下渓谷公園〜横浜唯一の渓谷〜 保土ヶ谷区にある陣ヶ下渓谷は横浜市内で唯一の渓谷です。陣ヶ下という名称は、鎌倉時代、源頼朝の家臣である和田義盛がこの近辺に狩のための陣を張ったことに由来しているそうです。横浜唯一の渓谷とはどんなものなのか見たくなり、出かけてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/25 21:30

トップへ | みんなの「保土ヶ谷区」ブログ

よこはまさんぽ 保土ヶ谷区のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる