よこはまさんぽ

アクセスカウンタ

zoom RSS 衣張山ハイキングコース

<<   作成日時 : 2016/11/14 00:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

気温も20度近くまで上がり、快晴だったので、久しぶりに妻を鎌倉のハイキングコースを歩いてきました。家を出たのが2時近くになってしまい、この時期は陽の暮れるのも早いため、比較的手軽にハイキングを楽しめる衣張山に向かうことにしました。

画像
まずは、鎌倉駅から鶴岡八幡宮を目指します。

画像
よく知られていることですが、鶴岡八幡宮への参道は、八幡宮に近づくにつれ、道幅が狭くなります。これは敵が攻めて来たとき、遠近法によって、実際の距離よりも八幡宮を遠くに見せ、攻めづらいと思わせるためです。

画像
天気もよく、気温も高いため、大勢の人が、参拝に訪れていました。時期的に、七五三のお参りをしている家族の姿も見えます。八幡宮には寄らず、前の道を右折して、衣張山ハイキングコースへ向かいます。

画像
滑川に架かる東勝橋からの風景です。すでに、紅葉している木々も見られます。

画像
趣きのある坂道です。

画像
東勝寺跡です。東勝寺は、13世紀前半に、鎌倉幕府第三代執権北条泰時によって、創建されました。周辺の地形と一体になった防御のための城郭的な役割も担っていたと考えられています。1333年(元弘3年)新田義貞らの鎌倉攻めにより、時の最高権力者であった北条高時は一族郎党とともに、東勝時で自害し、鎌倉幕府は滅亡しました。

画像
北条高時が自害した岩窟への入口です。‘やぐら’というのは、鎌倉の方言で岩窟(洞窟)という意味です。参拝者以外立ち入り禁止となっています。参拝をすることにしましょう。

画像
北条高時が自害したと伝えられる岩窟です。手を合わせ、頭を垂れて、参拝しました。霊感の強い人だと、霊気を感じ、体に不調を来すこともある場所らしいです。

画像
ハイキングコースを歩くこと一時間半、衣張山山頂が見えて来ました。

画像
衣張山山頂からの風景です。鎌倉の街並みと背後に広がる相模湾まで見えました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
衣張山ハイキングコース よこはまさんぽ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる